【場 所】
東急目黒線不動前  徒歩5分  [地図] 住所:東京都品川区西五反田5-23-9 
 ★不動前改札出て右手→『さわやか信金』の坂を上る→『攻玉社』の看板に沿って左折→コンビニ前
  通り校庭沿いに右折して直進→右に紺色3階のビル→その隣中華こばやしの一軒先路地突き当り 
 ※【三線教室ブログ】から入り〔カテゴリー・教室案内〕の《道順写真》も参考にご覧下さい。 

【稽古日】
★初心者クラス
  日曜日:毎週午後1:00〜2:00

★唄三線クラス
木・金曜日:毎週午後6:30〜7:30
  日曜日:毎週午後2:00〜3:20

★八重山クラス
木・金曜日:毎週午後7:30〜9:00
  日曜日:毎週午後3:30〜5:00

♪体験見学
木・金曜日:午後7:00〜(30分説明と三線体験・30分稽古風景見学)
  日曜日:午後3:00〜  (   〃   )  

・通いやすい曜日、時間帯の基本コースをお選び下さい。  [稽古日程]
   ・お稽古は手ぶらでOKです。教室にレンタルの三線を用意しています。  [教室風景]
   ・ご自分の三線をお持ちでない方には、沖縄の老舗『親泊三味線店』の三線をご紹介しています。


【クラス】
★初心者クラス:初めて三線をやる人、工工四(楽譜)を見てすぐに弾けない人のクラスです。
  基本から手ほどきします。『安里屋ユンタ』『十九の春』『花』などを練習曲に、唄って弾くことの
  基礎を学び、6ヶ月前後の習得具合で『唄三線クラス』に移ります。
★唄三線クラス:基本が出来て工工四を見て弾ける人のクラスです。
  沖縄民謡、八重山古典民謡、ポップス曲など幅広く練習します。
  弾いて唄う事を身につけ、氷川神社奉納祭などの舞台に参加します。
★八重山クラス:唄三線クラスの中から、八重山古典民謡を中心に学びたい人のクラスです。
  琉球民謡協会に入会する事が条件になります。
  習得のレベルに合わせ、毎年6月に開催される『民謡コンクール』の受験資格が出来ます。
  将来的には教師免状の取得も可能です。毎年1月に更新の手続きをし協会年会費を納めます。

 ・各クラスとも複数名でのお稽古となります。
【練習曲】
八重山古典民謡、沖縄民謡、沖縄POPSなど
(でんさ節・鷲ぬ鳥節/安里屋ユンタ・十九の春/島唄・花・涙そうそう 他)

【月 謝】
毎月7,000円(毎月末、翌月分を納入ください)

【月会費】
教室月会費 500円(レンタル三線及び雑費等)


【入会時にご準備いただくもの】
1)入会金  5,000円
2)当月の月謝7,000円
3)教室月会費 500円
4)教科書代 1,000円    初期費用合計:13,500円

【唄三線クラス変更時に必要な教科書】
八重山古典民謡工工四上・下巻  7,560円
【八重山クラス変更時に必要なもの】
琉球民謡協会会費 初年度 5千円/翌年から 年4千円